山本ズバーンはバドミントンで優勝?親戚や彼女のうわさ 世界仰天ニュースの病気は大丈夫?

2月5日の世界仰天ニュースで、山本ズバーンさんの「内臓逆位」という病気が取り上げられていました。

番組を見て

「山本ズバーンさんって、見た目かっこいいけど、どういう人なの?」

と思った人も、多いのではないでしょうか?

今回は山本ズバーンさんの簡単なプロフィールや、色々なうわさ、病気は大丈夫なのか?
などについて紹介していきます。

山本ズバーンさんは、お笑いコンビ「ヤマダイラー」の一人

山本ズバーンさんは、お笑いコンビ「ヤマダイラー」の一人。
ヤマダイラーは浅井企画に所属していて、2016年に結成されたばかりです。

ちなみに浅井企画には、萩本欽一さんや、関根勤さん、小堺一機さん、キャイーンなど
多くの大物お笑いタレントが所属しています。

簡単なプロフィールを紹介。

山本ズバーンさんのプロフィール

生年月日:1989年(平成元年)7月6日(30歳)
血液型:B型
出身地:神奈川県川崎市
身長:165cm
体重:50kg
スリーサイズ:B 83cm・W 75cm・H 89cm

 

相方は、大野アドゥドゥドゥさん。こちらは

大野アドゥドゥドゥさんのプロフィール

生年月日:1992年(平成4年)12月20日(27歳)
血液型:B型
出身地:群馬県太田市
身長:177cm
体重:83kg
スリーサイズ:B 110cm・W 95cm・H 100cm

2人とも年齢が若くて、勢いのある、芸人さんであることがわかります。

そしてヤマダイラーの漫才を見ていると、山本ズバーンさんが、ツッコミ役であることが、多いようです。

相方の大野アドゥドゥドゥさんは、野球が得意で、138キロの剛速球を投げたり、ベンチプレスで120キロを上げる完全な体育会系。プロフィールの体格からも、その雰囲気がわかります。

反対に、山本ズバーンさんの方は、身長が165cmで小さいし、世界仰天ニュースで伝えられた病気の件もあるし。

カラダは弱い感じなのでしょうか?

スポンサーリンク



山本ズバーンさんはバドミントンがプロ級!

プロフィールを調べていくと、山本ズバーンさんの方も、「すごい運動神経の持ち主」であることがわかります。

バドミントンが得意で、東京都大会の個人で優勝した実績があり。コーチの経験もあるのだとか・・・

こちらの動画が参考になります。

さらに車の運転や、けん玉、カクテル作り(BARで4年バイト経験あり)など、多彩な特技をもっています。
プレイステーション3の、症状を見ただけで修理できるようなので、手先が器用であることも、わかりますね。

これだけ運動神経抜群で体育会系なのに、インフルエンザにかかりやすいというのは、ある意味「すごいギャップ」だと思いました。これは、芸人としての武器(ネタ)になりそうです!

山本ズバーンさんのすごい親戚とは?

山本ズバーンさんに関しては、さらに話題になりそうなネタがあります。

それは10年前に亡くなった「忌野清志郎さん」が、おじさんであるということです。

GYAOの動画で「身内すごい芸人」として、紹介されています。
その中で、忌野清志郎さんとのツーショット写メを公開していました。

また、「(ロックンローラーとして)声帯を取るぐらいなら、死んでやる!」と語っていた、闘病中の忌野清志郎さんの、かっこいいエピソードも披露しています。

彼女や家が金持ちという噂は?

山本ズバーンさんは、忌野清志郎さんの親戚ということで「家が金持ち」という噂もあるようです。

が、真相は明らかになっていません。

親戚が大物芸能人=親戚一同が金持ち

こんな単純ではないですよね?兄弟だって、貧乏なことはあるぐらいですから・・・

またルックスが良いので、彼女についても、いろいろと噂が出ています。
でも正確な情報は、ネット上にはありませんでした。

これから有名になってくると、いろんな情報が明らかになってきそうです。

世界仰天ニュースで伝えられた内臓逆位は、今は大丈夫?

山本ズバーンさんが世界仰天ニュースで取り上げられた理由は、持病の「カルタゲナー症候群」が理由です。

「カルタゲナー症候群」の患者さんは4万人に一人ぐらいと言われ、インフルエンザやノロウイルスにかかりやすい症状があります。

気道の細胞の表面には、多数の「線毛」が存在します。「カルタゲナー症候群」の人は、この「線毛」が正常に運動しません。そこで、カラダの外から(気道に)入ってくる、細菌やウイルスを排除する働きが衰えてしまいます。そして、インフルエンザなどに、感染しやすくなってしまうのです。

そして「カルタゲナー症候群」の患者さんの多くは、内臓の位置が左右逆になる「内臓逆位」になっています。

山本ズバーンさんは「内臓逆位」「カルタゲナー症候群」のため、幼少期から、しょっちゅう風邪を引きやすかったそうです。

そしてその症状は今も完治していません。

ツイッターを見ると、体調不良についてときどきツイートしています。

心配ですが、まだまだ若い芸人さんなので、これからも頑張ってほしいですね。

応援しています!

スポンサーリンク